豆乳の栄養価以外の魅力

お題「これ買いました」

f:id:publio:20210919081514j:image

タニタカフェ監修のオーガニック無調整豆乳(200ml飲みきりサイズ)。

1000mlサイズもあるが、開封してしまうと数日で飲むことを推奨され、とても消費しきれないので、飲みきりサイズにしている。あと冷蔵庫の場所も取らないというメリットもある。

 

豆乳らしからぬ飲みやすさでずっと愛飲している。そのままでも飲むし、ミルクティーのミルク代わりにしたりもする(ソイミルクティー?)。

 

これ飲み始めてから牛乳やめた。

主に賞味期限問題で。

500mlのパックでも、一人暮らしだと賞味期限切らしてしまうことが少なくない。

 

f:id:publio:20210919081456j:image
小売店では冷蔵で売られていることが多いけど、実は常温で保存出来る。宅配も常温だった。

 

さらに、未開封であれば賞味期限は3ヶ月くらいある。

 

買うときはメーカーであるマルサンアイの公式ECで買うようにしている。

小売店や、公式以外のECだと、回転率悪い場合、賞味期限短くなったの掴まされる可能性がありそうだなと。

 

また、小売店の場合、店頭で冷蔵で売られてることが多いので、一度冷蔵された豆乳を常温で保存するのは、はばかられるから。

 

ちなみに成城石井で取り寄せも出来る。

最小注文数は12本単位。

店によって店頭で売ってたり売ってなかったりするが、POSは共通なので、扱ってない無い店でも店員さんに訊けば取り寄せてくれる。

 

豆乳は、非常時の備蓄にも向いていると思う。

大豆なので栄養価は高い。ペットボトル水の備蓄を0には出来ないが、飲料用水分を豆乳に置き換えて、量を減らすことは出来そう。

毎日1本は消費するので、味期限が切れるなんてこともなく備蓄が回転する。