DjangoのローカルDBからデータを抽出してherokuにアップ

メモ
dumpdataしてloaddataする

$ python manage.py dumpdata > dump.yaml
全テーブル取得。

$ python manage.py dumpdata –indent 2 > dump.yaml
–indentでインデントしてくれる。
数字だけ?2は半角スペース2つでインデント

$ python manage.py dumpdata –indent 2 map.prefecture > dump.yaml
テーブルを指定することができる。
上記はmapアプリのprefectureテーブルを指す。

$ python manage.py dumpdata –indent 2 map.prefecture map.city > dump.yaml
当然複数テーブル指定可能。

$ python manage.py dumpdata –indent 2 –exclude map.prefecture > dump.yaml
基本全部で一部除外したい時は–exclude

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です